江東区西部の中心地で深川地域内の地域となる

江東区西部の中心地で深川地域内の地域となる

金券ショップ 門前仲町 神輿

 

高価買取、格安販売のお店です

営業・日祝休

・平日11〜18:30

金券ショップ 江東区

・土曜12〜17:00
お店の地図
お問合せ
メトロは3番出口からマクドナルド並び
金券ショップ チケットクラブ すぐお電話下さい

 

 

店長シバ門前仲町の探索です。その3

 

チケットクラブ門前仲町店 深川不動堂

 

門前仲町 深川不動堂

 

東京都江東区西部の中心地で深川地域内の地域となる。

 

交通は、東京地下鉄東西線、都営地下鉄大江戸線が交差するように通っていて、下町門前仲町といっても交通の要所な意味合いもある。

 

近隣には、富岡に富岡八幡宮・深川不動堂などの社寺を抱え古くから門前町として栄えている。

 

大規模商業施設は近くに見られないが、昔から商店街の活動が活発で、街を歩くと下町情緒を味わえる街として知られている。

 

通称「門仲(もんなか)」、または「仲町(なかちょう)」と呼ぶこともある。

 

江戸時代に伊能忠敬等の著名人が多く住んでいたことで知られる。

 

丁度、富岡に富岡八幡宮の参道を入ってすぐ右手に伊能忠敬の石像があるので、それを目当てで訪れても面白い。

 

また、忠臣蔵の赤穂浪士が吉良幸之助の屋敷に討ち入りの際、この門前仲町で休憩をした足跡を辿ってみるのも興味深い。

 

最近では、この街の本屋が激減したこともあり、情報を本で頼っていた人には困ったことになっている。

 

そんな中、街の唯一金券ショップが金券を中心とした情報発信店として地元に役立っている。

 

お店ひとつでも利用の仕方では、情報発信以外にお得もあるお店として「チケットクラブ門前仲町店」があるので是非訪れてみることにする。

 

ちなみに、チケットクラブ門前仲町店のある場所は、忠臣蔵の赤穂浪士が吉良幸之助の屋敷に討ち入りの際に休息されたとされる場所に近いこともあり、お店に立ち寄ることだけでも、何かのご利益もあることで知られている。

 

江東区 深川 深川不動堂

 

門前仲町でお勧めな株主優待券の使い方とは

 

株主優待券ってうまく使えば毎日の生活がとってもお得となります。

 

吉野家で朝定食を食べて、モスバーガーでお茶をして、キャンドゥ100円ショップでお得なお買い物、そして薬の福太郎に寄って、帰りは不二家のケーキにオリジン弁当で夕食を買って帰る。

 

まさにディスカウント三昧の金券ショップ活用例ですが、こんなお得な生活はいかがでしょうか。

 

それこそ自転車で30分もかけて、遠くまで買いに行って八百屋の大根を10円安く買うよりもっとお得なような気がします。

 

もっと江東区門前仲町を知りたいのならば実際に来て見ることです。

 

「前回ではそろそろ秋がきそうです」と書いたのですが、なんとも長く続く残暑です。

 

今日も暑さでフラフラになりながら仕事をしています。

 

前回では株主優待券のご紹介をしたのですが、株主優待券が本格的に入るのは11月〜12月ごろの季節となります。

 

出来たらこの季節に入ってくる株主優待券にチェックをしておいてまとめ買いがお勧めします。

 

それこそ6ヶ月ごとのチャンス到来となります。

 

たぶんこのホームページでも多くの株主優待券をご紹介できると思いますのでどうぞご期待ください。

 

江東区門前仲町の金券ショップ店長より

金券ショップ チケットクラブ門前仲町はこちら≫

 


チケットクラブ門前仲町店

 

 

お店の詳しくは
トップへ戻る