新幹線回数券 販売での店長シバのひと言はこちら

新幹線回数券 販売での店長シバのひと言

新幹線回数券 販売での店長シバのひと言

金券ショップ  江東区 門前仲町 店長シバ

 

当店の営業時間 行き方

金券ショップ 江東区

営業・日祝休

・平日11〜18:30
・土曜12〜17:00
お店の地図≫
お問合せ≫
メトロだと3番出口からマクドナルド並び
金券ショップ チケットクラブ すぐお電話下さい

 

 

店長シバ新幹線回数券 販売のひと言

 

以前ですが、店長シバはお金を節約する目的からバイクで名古屋へ行ったことがあります。

(2013年9月の2連休に実行しました)


チケットクラブ江東区

 

おおよそ全走行距離は往復で800キロ位で時間にして18時間以上走り続けました。

 

つまり片道だけでも9時間以上バイクに乗り続けたわけです。

 

ところが新幹線を使えば名古屋までのぞみで片道約1.5時間くらいで行くことができます。

 

苦労を取って安くするのか、楽を取って費用を多く払うかの選択でしたが、うっかり安く苦労の方をとってしまいました。

 

たしかにバイクで名古屋往復の費用は安かったのですが、燃費12キロ/L(かなり燃費が悪いバイク)でしたので片道分に33リットル必要となり、しかもハイオクでしたので33リットル×156円(その当時の平均価格)としてガソリン代だけでも片道5148円もかかってしまいました。

 

とすると、往復で10296円になりますので、新幹線のぞみで行った場合を考えてみると、その差額は−9,664円(当時の金券ショップで名古屋までの新幹線購入価格9,980円として)バイクの方が間違いなく安くなる計算になります。

 

もし、高速道路を使っていたらどうなったでしょうか。

 

高速料金の片道代金は、東京IC〜名古屋IC(325.5km)で5,700円くらいでした。

 

これを往復することになりますので11.400円となり、新幹線を選ぶよりバイクを選んだほうがマイナス1.736円となります。

 

アレッていう感じです。

 

なぜならば、バイクの方が高速料金を払ってもぜんぜん新幹線で行くより安いと思っていたからです。

 

逆に、支払う費用がバイクの方が高くなるとわかっていたならば、最初っから金券ショップで新幹線回数券を購入して行くことにしたかもしれません。

 

だって、片道12時間くらいのバイク走行でしたので腰も痛くなったり、へとへとになるまで身体が疲れてしまったり、いろいろな危険のリスクも負わなければならないことと、長時間にわたる走行でしたので、途中で食べた食事代金も含めると結構費用がかさんだことになったからです。

 

金券ショップ チケットクラブ 江東区 門前仲町 店長シバ

 

最初の目的での費用節約はもろくもぐずれたということです。

 

新幹線のぞみでしたら約1時間半くらいで座ったままで到着できるからです。

 

バイクでい行く、苦労、時間、費用を比較してみると、費用の節約を目的にすることはあまりよくない考えなのかもしれません。

 

店長シバがもっと若いときだったらこのようなこともあったでしょうが、万が一、名古屋までの途中で事故を起こしたら、次の日から管理シバのお店は「個人の都合につき一時休業」の看板をださなければなりません。

 

ともかく、額から汗が吹き出るくらいの後悔を感じました(汗)

 

この体験から皆様に強くお勧めできることがあります!

 

もし東京から名古屋まで行くことになったり、その逆もあったりすることで迷うならば、当店で新幹線回数券を購入してから行くことにしましょう。

 

しっかりと事前に新幹線のぞみ指定の予約を取っていれば、間違いなく1時間半で名古屋まで疲れずに到着することができるからです。

 

勿論、1枚バラからの販売をしていますので、自分の都合に合わせてご購入ください。

 

それであっても、どうしても費用の節約よりバイクで行くことに満足感を感じることができる方でしたら、そのときは何も止めることはしません。

 

なぜならば、管理人シバでしたら、バイクで行こうと思えば節約よりバイクで行くことを選択するからです。

バイクで東京⇔名古屋やっちゃいました!

お店の詳しくは
トップへ戻る