店長シバのMAGNA CART マグナカート購入レビュー

店長シバは寒さからくる腰の痛み、膝の痛みを解消する目的で、負担なく荷物を運べるようにMAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】を購入することにしました。

 

ここでは皆さんもキャリーカート選びをすることがあるとおもいますので参考にできるようにキャリーカート購入〜活用までをレビューしてみました。

 

キャリーカート マグナカート購入


 

 

 

こんには、店長シバです。

 

早速となりますが、店長シバは寒さからくる腰の痛み、膝の痛みを解消する目的で、負担なく荷物を運べるようにMAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】を購入することにしました。

 

年賀はがき、かもめーるの4000枚完箱ともなるとかなりの重量となるからです。

 

実際に、店長シバが運ぶときは、この4000枚完箱を2ケースくらい同時に運んでしまいます。

 

というわけで、カート選びをすることにしました。

 

だいたい、1週間くらいかけていろいろなカートを比較検討してみたのですが、その結果、MAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】の購入を決めました。

 

ここでは皆さんもキャリーカート選びをすることがあるとおもいますので参考にできるようにキャリーカート購入〜活用までをレビューしてみました。

 

店長シバがキャリーカートに求めた点とは、価格、重量、耐荷重、材質、折り畳みで小さくなること、でした。

 

 

店長シバが以前持っていた小型軽量キャリーの問題点

店長シバは、以前にも複数の小型軽量カートを購入したことがありました。

 

ですが、購入するときは、小型軽量で携帯するときのことばかりを気にしすぎて、キャリーカートを使うという意味での性能面をしっかりと考えていませんでしたので、たびたび同じような失敗を繰り返していました。

 

購入してきたキャリーカートを広げて、荷物台に荷物を載せてからゴムワイヤーで固定して運ぶのですが、実際に使ってみてビックリでした。

 

どう上手に運んでも、どう工夫しても、どうゴムワイヤーで固定しても、運ぶ途中に荷物ごとひっくり返るからでした。

 

さすがの店長シバもこれには困りました。

 

お金を払って購入してきたキャリーカートが使い物にならないからです。

 

つまり、小型軽量キャリーという理由から、何をしてもすぐに荷物がひっくり返るため、、肝心の荷物を運ぶという性能に問題があるようでした。

 

今回の新キャリーカート購入では、この失敗した問題点を解消することから価格、重量、耐荷重、材質、折り畳みで小さくなることを個別に比較しながら選ぶことにしました。

 

    店長シバが以前持っていた小型軽量折り畳みキャリーの問題点

  1. 小型軽量キャリーであるゆえ、荷物台があまりにも小さすぎることから荷物が安定せず、ちょっとした傾きでも荷物がひっくり返ること。
  2. 小型軽量キャリーであるゆえタイヤ径が小さいことから、ちょっとした道路の凸凹でも荷物がひっくり返ること。
  3. 小型軽量キャリーであるゆえ材質の強度が弱いため、ちょっとした使い方で荷物がひっくり返ること。
  4. まとめ

     

    声を大にして言う話でもないのですが、キャリーカートの小型軽量を実現するため荷物を運ぶ性能が悪くなるということでしょうか。

     

    ですが、どんなに軽く小さくても、荷物を運ぶために作られたキャリーカートが荷物を運ぶことが上手にできないとしたら、そのキャリーカートが作られた意味はなんでしょうか、と店長シバは疑問を感じられずにはいられませんでした。

 

MAGNA CART(マグナカート)を購入するとき他のキャリーと比較して気が付いたこと

 

 

店長シバのキャリーカートの希望は、小型軽量、ハンドル部分、荷物台の剛性が高く、カ価格が安いこと、から始めていきました。

 

ちょっと、あまりにも虫のいい要望ばかりです。

 

実際では、アマゾンショッピング、ヤフーショッピング、楽天市場の3つの中から、どのようなキャリーカートがあるのかを調べていきました。

 

最初に気になった項目は、価格とデザインでした。

 

いくつか商品をピックアップして比べてみているうちに、耐荷重、重量、強度、タイヤ径、と気になる項目が増えていきました。

 

以前購入したキャリーカート選びでは失敗しているからです。

 

特に、キャリーカート選びで注目した点は、アマゾンショッピングの購入者が書いているクチコミでした。

 

購入者のクチコミでは、★5から★1までの評価で書いてあるのですが、これが意外と参考になってことは記しておきます。

 

たとえば、商品プレビューで耐荷重が耐荷重70キロ、100キロと表示されているわけですが、その商品の構造、材質、購入者のクチコミから検証した結果、そこに書いてある耐荷重の数字には疑問が生じるという感じです。

 

そこで、価格はもう少し高くても良い、重量はもう少しだけ重くなっても良いと比較基準を少しだけ変えてみました。

 

比較基準を少しだけ変えて選ぶ範囲を広げてみたらMAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】が浮上してきたということです。

 

MAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】の特徴は、頑丈さ言っている方が多く、どうせ購入するならば安物買いの銭失いとならないように考えました。

 

ちなみに、MAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】は、多くのミュージシャンが大きくて重い楽器、アンプなどを運ぶときに使うことでかなり有名な商品だということを知りました。
だいたい商品も数点に絞れてきたわけですが、最後の大問題は購入価格に関してでした。

 

キャリーカートの購入価格は想定内なのか?

予定ではキャリーカートの購入価格を2000円〜3000円くらいと考えていましたので、第一希望のMAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】はちょっと予算オーバーに目に移りました。

 

ですが、ここは店長シバ得意のプラットフォームサーフィンです。

 

いろいろなプラットフォームからMAGNA CART(マグナカート)MCX 【キャリーカート】の販売価格を絞り込んでいった結果、楽天市場が一番安いことがわかりました。

 

2020.1.22時点の比較となるのですが、アマゾンですと約4300円+送料無料でしたが、楽天市場ですと本体価格2980円+送料790円=3770円でした。

 

予定していた想定購入価格より770円ほど高い購入金額となりましたが、長く使えて、性能が高いキャリーカートを手にできたことは満足というほかにありません。

 

店長シバのMAGNA CART(マグナカート)MCXのメリット、デメリットとは

メリットと感じた点
メリット1: 丈夫であること。
メリット2: 大型タイヤ( 12.1cm)のため走行安定性があり、階段も持ち上げることなく引っ張り上げることができること。
メリット3: ハンドルの作りがしっかりしているため安定して走行ができること。
メリット4: 折り畳みキャリー、幅(6cm)と小さくなり、家のちょっとした隙間にもコンパクトに収納できる点。
メリット5: タイヤが荷物台と連動して簡単に収納できること。
メリット6: タイヤがゴム製のため静音性が高いこと。

 

デメリットと感じた点
デメリット1: 多少値段(送料込みで3670円、2020.1.22時点楽天市場で購入)が予想より高かったこと。
デメリット2: 多少重量(3.4キログラム)があること。店長シバとしてはちょっと重いかな、て感じでした。
デメリット3: キャリーカート自体のデザインは良いのですが、プロ仕様のイメージが強く、このキャリーを引いている姿が仕事イメージを感じさせる点。
デメリット4: 購入するときのお店によって販売価格、送料に違いがあること。
デメリット5: 荷物台が金属製(アルミ製)のため収納のときに壁に傷がつかないかの気をつかう点。

 

店長シバのMAGNA CART(マグナカート)MCXを購入後の商品レビュー

商品が無事到着しました。

 

MAGNA CART(マグナカート)MCXが無事到着して驚いたのが、結構重量があるにもかかわらず、箱に入って送られてきたわけではなく、プチプチ梱包だけで送られてきました。傷が、なんてあまりこだわりませんので店長シバは問題ありません。

 

アルミ製の荷物台と12.1センチ大型タイヤ

 

アルミ製の荷物台の写真です。どう見てもプロ仕様って感じでしょうか。写真にある荷物台とタイヤは連動していて、荷物台を収納するとタイヤも収納する仕組みになっています。

 

剛性の高いハンドル部分とタイヤ受け部分

 

赤いレバーを引くことでハンドルが伸長します。全体的にガッチリとして使い勝手となりますので、安心して取りまわすことができます。

 

店長シバは段差を乗り越える実験を試してみました

 

 

 

上段の写真左からスタートし、下段までの写真を撮ってみました。ここでの段差は、普通の階段と同じくらいです。
最初は段差にタイヤを押し当てて、後は角度を付けながらやや斜めに引き上げていきます。
なんどか段差を試してみたのですが、垂直に持ち上げてクリアーするのに比べてかなり負担は権限できているようです。

 

タイヤ径12.1センチとタイヤ材質をチェック

 

上記の写真がMAGNA CART(マグナカート)のタイヤです。

 

タイヤ径は12.1センチもあるので見た感じもかなり大きいですし、その分の重量感を感じさせます。

 

実際に走行したレビューでは、大きなタイヤ径の効果もあってかなり良好で、これならば多少の段差を乗り越えたり、凸凹な路面でも活躍しそうに思いました。

 

タイヤの材質にはちょっと柔らかめのゴムを使っているようです。

 

爪で押してみたのですが、凹みが付くくらいの柔らかさです(右写真参照)。

 

確かに、柔らかいということから静穏性に優れているのですが、耐久性には多少の心配が残りました。

 

ですが、タイヤ径が大きいこともあり、小さいタイヤより摩耗が少なく済みますので、後は実際に使用してみてどのくらいもつのかということでしょうか。

 

家での収納、自転車ラックでの収納をチェック

 

左の写真は納戸の荷物の隙間に押し入れた様子です。右の写真は自転車ラックに載せてみた様子です。自転車のタイヤ幅サイズより少しだけ小さいようでしたのでこのような使い方もできるようでした。
どちらにしても、意味のない出っ張りが無いためわずかな隙間でも収納するのは大丈夫のようです

 

 

自転車ラックは上段のラックに載せました。自転車ラックはどこでもあるようなタイプですので、ラック幅も同じと思います。また、MAGNA CART(マグナカート)の底部はほぼ平らになっていますので、自立することはできないのですが、ちょっと支えるくらいでわりと安定しています。

 

また、荷物台と大型タイヤは折り畳みの時に連動していて同時に格納できますので、ひと手間抑えることができます。

 

収納に関してですが、タイヤも含めて小さく折りたためますので、想像していた以上にどこにでも収納ができるようです。

 

管理人シバは、基本納戸にしまっておいていますが、自転車ラックから自宅玄関まで距離があることを考えて自転車ラックに乗せてしまいました。

 

これですと重量があるものを自転車で運んできて、自転車からMAGNA CART(マグナカート)に乗せ換えるなんて芸当もできますので、今まで以上に荷物の運搬が楽になるのではないでしょうか。

 

店長シバのMAGNA CART(マグナカート)購入のまとめ

 

MAGNA CART(マグナカート)を購入したファーストレビューを中心にまとめてみました。

 

ファーストビューとしては、ちょっと大きかったのかな、ちょっと重すぎたのかのかな、の2点が気になる点でした。

 

今回のキャリーカートの選択では、そこまで毎日仕事をするみたいに利用するわけではなく、年に何回か必要になったときに重いものを運ぶような使い方を予想していましたので、キャリーカート自体の大きさと重さにはビックリという感じでした。

 

ですが、大きさは大きいものでも運ぶときでも安定して運べるし、重さは頑丈に作られているということですので、ので長持ちをするわけで、このメリットを考えると「購入して正解だったのでは」と考えに変化がありました。

 

人によって使い方には違いがあるのですが、キャリーカートとしての基本性能が高い製品は、多少大きくても、多少重くてもそれを補うこともできると思いました。

 

店長シバは、初めて12.1cmタイヤのキャリーカートを使うのですが、走行時の安定性、ゴムタイヤの静音は想像以上であることと、多少の階段でも引っ張り上げることができること、グラつかない高剛性のハンドルと、使い始めるとこのキャリーカートの良さを実感できました。

 

通常、階段を上がるときは小さなタイヤですとキャリーカート+荷物を真上に持ち上げるようになるのですが、このキャリーは階段の段差の面に沿ってタイヤを転がすことができるため、引っ張り上げるようにできることから多少階段で持ち上げる負担が軽減できることです。

 

店長シバのレビューとなりましたが、これを参考にして自分に一番のキャリーカートを選択してみてください。

 

MAGNA CART(マグナカート)MCXの商品情報

商品名:MAGNA CART マグナカート 折畳み 軽量 アルミキャリーカート

 

◆収納時:幅約40cm×高さ約68cm×厚さ約6cm
◆ハンドルの高さが最大(使用時):最大約100cm
◆本体重量:約3.4kg
◆ホイール : 2 x 12.1cm
◆材質 : アルミニウム(ベースプレート・フレーム)
◆荷物台のサイズ:約40cm×27cm
◆フレーム直径 : 約17〜27mm
◆耐荷重:68kg
◆製造元:MAGNA
◆生産国:中国

 

MAGNA CART マグナカートのモデルはスチール製からも選べるようですが、店長シバは重さのことを考えてスチール製ではなくアルミ製を選ぶようにしました。

 

なぜならば、アルミ製は軽くなるほかに錆にも強いと思ったからです。

 

MAGNA CART マグナカートの製品を購入するときは、自分に合う材質を選ぶことも大切なようです。

 


 

金券ショップ 江東区 門前仲町 左

このページの先頭へ戻る