格安高速バスを予約する

更新日2019.4.19/公開日2014.7.16

高速乗合バス

 

当金券ショップでは高速乗合バス(路線バス)の取り扱いを始めました!

多くの金券ショップでは高速バスの販売があったのですが、高速乗合バス(路線バス)の運行規制強化で販売することができなくなってから暫く経っていました。

 

そこで今流の高速乗合バス(路線バス)の販売予約を提案することができるようになりました。

 

長距離の移動手段として一番格安だった高速乗合バス(路線バス)ということなのですが、金券ショップで販売することができる意味はかなり大きいかな、と店長シバは思っています。

 

 

当金券ショップで高速乗合バス(路線バス)を購入することができるのでしょうか?


 

 

はい、当金券ショップでは,インターネット、スマホに対応する形で高速乗合バス(路線バス)の予約をとることができますが、店頭での高速乗合バス(路線バス)の扱いはありませんので、パソコン、スマートフォーンから予約をしてください。

 

つまり、わざわざ金券ショップの店頭まで行かないで、手持ちのパソコン、スマホから予約を完了することができるわけで利便性が向上しています。


 

 

高速乗合バス(路線バス)はどこへ向かう(都市)の取り扱いがあるのでしょうか?


 

 

はい、高速乗合バス(路線バス)は、仙台・東京・関西・名古屋・福岡などの全国主要各都市を中心に対応しています。


 

 

どこの高速乗合バス(路線バス)会社なのですか?


 

 

このサービスは、特定のバス会社のサービスではなく、高速乗合バス17会社から比較をすることで選ぶことができるものです。

 

料金に関しても、高速乗合バス17会社から比較することができますので、節約ということからもかなり有利となります。

 

総路線数 250路線 常時600便以上のほか、多彩なシートアレンジや女性専用車など、多くのサービスの中から選ぶことができますので、それを考えただけでもワクワクものではないでしょうか。


 

 

予約の仕方と手順を教えてください?


 

 

はい、予約の仕方は、ご自分の手持ちのパソコンやスマホを使ってできます。

 

ですので、高速乗合バス(路線バス)の予約が今すぐにでも、どこでもできますので、とても便利になりました。

 

また、以前の、安いけど眠い、疲れる、とはまったく違うようです。

 

今では自分の好みと都合に合わせてバスを選ぶことができるようになっています。

 

ただ、多少時間がかかることだけは今でも仕方ないのですが。。


 

格安高速バスを予約する

高速乗合バス17会社比較で最安!
金券ショップ 高速乗合バス

  1. 高速乗合バス17会社を料金比較で最安値。
  2. 仙台・東京・関西・名古屋・福岡をカバー。
  3. スマホ対応で予約OK。

 

バスブックマーク

 

格安高速バスを予約する

【格安!夜行バス・高速バス】オンライン予約

 

高速乗合バス比較のメリットとは

 

    店長シバがおススメする高速乗合バス比較のメリットとは

  1. 全国主要都市、仙台・東京・関西・名古屋・福岡などをカバーしていること。
  2. 高速ツアーバス17会社を料金比較で最安値なこと。
  3. パソコンア、スマホに対応でどこからでも予約ができること。
  4. 高速乗合バスのタイプを好みで選べるため疲労感が少ないこと。
  5. 「月の最安値料金カレンダーを表示」など最安料金のチェックがしやすいこと。

 

高速乗合バス(路線バス)以外にも、移動の方法は、飛行機、新幹線、自動車などの方法があるのですが、あえて高速乗合バス(路線バス)に向いている人とはどのような方でしょうか。

 

    高速乗合バスに向いている人とは

  1. ともかく料金を節約したいという方。
  2. 予約に手間をかけたくないという方。
  3. 高速乗合バス(高速路線バス)に乗るのは嫌いでない方。
  4. 多少でも時間に余裕がある方。

 

こんな感じが高速乗合バス(高路線バス)に向いている人ということなのでしょうか。

 

早速、店長シバも同じように考えてみたのですが、5項中、4項目も該当がりました。

 

ということは、店長シバはどうやら高速乗合バス(路線バス)に向いている人のようです。

 

ただ、毎回、高速乗合バスで往復をしてくれ、と言われたら、さすがにちょっと無理とかもしれません。

 

高速乗合バス(高路線バス)17社を比較する手順とは

 

たとえば、出発地が東京ですと、東京駅、秋葉原、新宿、池袋、浜松町、王子、八王子、新木場、大崎から乗車地を選ぶことができます。

 

到着先が大阪府ですと、梅田、なんば、天王寺、新大阪、USJ、岸和田、酒井、泉佐野、千里中央の到着地を選ぶという具合に出発地と到着地を決めましょう。

 

次は乗車日と、乗車時間帯必要でしたらバスのタイプを決めていきます。

 

この時に大切にしなければならないことは、自分は何を優先して高速乗合バス(路線バス)を選ぶのかです。

 

    店長シバの高速乗合バスを比較する手順

  1. 高速乗合バス(高速路線バス)を選ぶポイントは「費用」を1番にしました。
  2. その理由は、ともかく節約を一番に優先してみたからです。

  3. 高速乗合バス(高速路線バス)を選ぶポイントは「バスのタイプ」を2番としてみました。
  4. その理由は、予算の許すかぎりゆっくりのシートタイプを選択したかったからです。

 

「費用」を優先して選ぶでは、ともかく節約がしたかったからです。

 

費用を優先を優先する方のバスブックマークのチェックの仕方とは

最安価格表 料金カレンダー

 

月日での料金を確認した後は運行スケジュールを確認しておきましょう

月日料金表 運行スケジュール

 

費用の次はゆったりできるシートを選んでみました。

 

「バスのタイプ」を優先して選ぶでは、最高とは言わないまでもそこそこ納得ができるシートタイプを優先しました。

 

一般的な4列シートと4列ゆったりシートの選択です。

4列シート ゆったりめの4列シート

 

ゆとりの3列シートです。独立シートがあったりとゆったりと移動ができます。

3列シート 独立3列シート

 

店長シバが高速乗合バスの料金比較を試してみました

 

高速乗合バス(路線バス)予約サイトでは、Webがあまり得意ではない方も簡単に予約することができますので安心してください。

 

高速乗合バス(高路線バス)予約サイトは直感的に操作をすることができるように作られていますので、誰でもいきなり使えること間違いありません。

 

あと、多少気になったのは予約残数の少なさです。

 

下記図右側の「プラン料金」に提示されている残席数を確認しておきましょう。

 

バスシート バスブックマーク 予約

 

予約画面を見ていただくとわかると思いますが、想定以上に予約残数の少ないのがわかります。

 

その理由は、このバスブックマークサイトが人気あるため、予約の埋まり方も早いからだと思います。

 

その対策としては、出発と到着日が決まったならば少しでも早く予約することが大切になります。

 

店長シバの高速乗合バス(路線バス)の思い出

 

以前でしたら、金券ショップで販売していた高速乗合バス(路線バス)は、どちらかと言いますと、バスの費用を重視して選択される方が多かったように思います。

 

料金が安くなる半面、眠い、辛い、疲れると、今でいうところの3Kということなのでしょうか。

 

東京大阪行きの夜行バスを購入されたお客様は、途中のドライブインでの休息停車回数を気にしていました。

 

なぜならば、東京大阪行きの夜行バスでは、3回停車する場合と、4回停車する場合のふたつがあったからです。

 

深夜、とても疲れていて眠いのに、4回停車するバスですと無理やり4回起こされますの疲れは増加です。

 

ですが、起こされる回数が少ない3回停車のバスですと、寝ている時間が長くとれることからやや疲れが度合いが低くなり、その理由から3回停車のバスに人気があったというわけでした。

 

ところが、最近のバスは、ゆったりくつろげる3列独立シート、トイレ付きのバス、女性専用バスを選ぶことができたりと至りつくせりです。

 

ちょっと体力に自信のない高齢者の方、プライベートを気にされる女性の方、トレイを気にしてお酒を飲むことを控えていた方、でも自分に合ったバスタイプを選ぶことができるようになりました。

 

まさに、昔でしたら信じられない状態が最近のバスではないでしょうか。

 

それに加えて、高速乗合バス17社を料金比較をすることができますので料金もリーズナブルになったように思います。

 

是非にでも、この機会に高速バスの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

格安高速乗合バスだからこそできる旅行なんていいかも

 

最近、管理人シバが思うに、あまりにも交通費の料金が高くて、なかなか希望の場所に行くことすらできないことを感じます。

 

もっと交通費が安かったら行きたい場所に行けるよなぁ、と青春18切符での旅行を考える毎日が多いようです。

 

旅行って、どの駅で降りて、どこで食事をして、何を見るのかを考えるだけでもワクワクしてきます。

 

交通費が高くてなかなか行くことができなかった遠隔地でも、この高速乗合バス(高速路線バス)の料金だったら行ってみたいと思うのではないでしょうか。

 

早速ですが、東京、名古屋間の大人片道、4月最安価格を検索してみたところ、最安は1750円で、東京大阪ですと2000円だそうです。

 

新幹線回数券で行くことになれば、正規料金ですと名古屋11.090円(のぞみ指定席)、新大阪14.450円(のぞみ指定席)となり、金券ショップで新幹線切符を購入しても名古屋およそ1万円、新大阪およそ13.200円(2019年3月現在)の料金が必要となります。

 

ともかく、料金に関しては魅力で、しかも高速乗合バス会社を17社比較することができますので、節約を考えている方には最適な方法ではないでしょうか。

 

もちろん、そのデメリットとして、多少の時間がかかる、多少の疲れはある、ということなのでしょうが、どちらを選ぶのかは個々の考え方となり、これからも多くの増税があり、実質賃金もどんどん減少しているという今の世の中では、このような格安料金の方法を知っておくことも自己防衛のひとつになるのではないでしょうか。

 

店長シバの高速乗合バス(路線バス)体験日記

 

新宿バスターミナル バスタ

 

高速乗合バスとは、国土交通省から認可を受けたバス会社が「乗合バス」として運行し、バス停留所の設置、運行ダイヤや運賃申請などを国土交通省へ届出して認可を受け、さらに決められたルートでの運行が義務付けられたことから、今まで以上に安全対策を強化された新制度です。

 

これに伴って、2016年4月4日、東京新宿駅南口に高速バスターミナル専用の「バスタ新宿」が開業されたこともあり、一段と高速バスの存在を認識する方も多くなり、当金券ショップでも高速バスのお問合せが増えていました。

 

また、以前は、高速バスって、疲れる、時間がかかると悪い部分のみクローズアップされることが多かったようでしたが、バスタイプを選べたり、出発時間を選べたりと、かなり疲労感も少なく移動することができるようになってきています。

 

高速乗合バスと高速ツアーバスの違いって?

 

高速乗合バス(路線バス)」と「高速ツアーバス」のふたつがあります。

 

ここで紹介しているのは、「高速乗合バス(路線バス)」となりますが、旅行会社が企画する「高速ツアーバス」とは取り扱いに違いがありますので、参考までのまとめてみました。

 

高速乗合バス
道路運送法に基づき路線バス会社が企画、販売、運行するもので、集合運送約款が適応され、乗合バス車両となります。

 

乗車までの手続きでは、バス停留所から直接乗車可能です。

 

乗降場所は、目印となるバス停留所標識が設置されており、乗降の場所も決まっています。

 

事故時の対応に関しては、事故処理や損害賠償は路線バス会社が行います。

 

高速ツアーバス
旅行業法に基づき旅行会社が企画、実施し、貸切バス会社が運行するもので、旅行業約款が適応され、貸切バス車両となります。

 

乗車までの手続きでは、予約は旅行会社から指定された場所で受付をしなければ乗車できません。

 

バス停留所標識は通常は設置されていませんのと、乗降場所が変更される場合もあります。

 

事故時の対応に関しては、事故処理や損害賠償は貸切バス会社が行い、標準旅行業約款に基づき補償金・見舞金を支払います。

参考:国土交通省自動車局

 

予約のキャンセルと特記事項も確認をしましょう

toxtukijikou.png kyannseru.png

 

【格安!夜行バス・高速バス】オンライン予約

 

金券ショップ 江東区 門前仲町 中央

 
営業時間 行き方
このページの先頭へ戻る