航空株主優待券を忘れてしまったときの失敗回避方法を3つ

航空 株主優待券 使い方

困った!航空株主優待券を忘れてしまったときの失敗回避方法を3つ

航空 株主優待券 羽田

 

ANA、JALの株主優待券を利用するには、一般的に下記の手順で予約をします。

 

  1. 事前にWebネットで決済をした後に株主予約番号を入力して予約を確定させておく。
  2. 予約だけを先行させて当日空港カウンターで決済後に株主優待券を提示して予約を確定する(搭乗日までの3日以内に決済)。

 

問題は何かと言いますと、決済をした後に予約番号までの登録をしているのでしたら株主優待券を忘れても大丈夫なのですが、当日空港カウンターで決済をしようとしている場合は株主優待券を忘れたらアウトになるということです。

 

気軽に予約をしておいて当日空港カウンターで株主優待券を忘れたことに気が付いたときです。

 

額から汗が噴き出て焦せりまくる気持ちはわかるのですが、このようなことになったときはいつもより冷静に対処することにしましょう。

 

航空機株主優待券を忘れてしまったときの回避方法 その1

 

家に電話をして株主優待券の株主予約番号の確認をすることにしましょう。

 

運よく自宅に誰かいてチェックをしてもらえるならばしめたものです。

 

あとは、航空株主優待番号を聞くだけの手間ですべてがOKというわけです。

 

万が一、どうしても連絡がつかないようならば、友人、知人に頭を下げてでも近くに金券ショップで株主優待券を新しく購入してきてもらって電話で優待番号を聞く、という手もあります。

 

ですが、相手側にはかなりの失礼となりますので、どうしてもという以外はなるべく避けたい方法です。

 

航空機株主優待券を忘れてしまったときの回避方法 その2

福岡 新幹線

 

空港カウンターで株主優待券が無いことに気づくのではなく、もっと早い時点で気が付いたならば、金券ショップがある駅で途中下車をして購入することを考える。

 

というわけで、羽田空港に近い駅の金券ショップをまとめてみたところ、羽田から近い順に並べるとJR鎌田駅周辺、JR川崎駅周辺、JR大森駅周辺となります。

 

どうしてJR駅周辺ばかりの金券ショップを紹介するのかといいますと、金券ショップはJR駅周辺にお店を出店していることが多いからです。

 

また、複数の金券ショップが出店している場所ですとお店同時での競争もありますので、ANAもしくはJAL株主優待券を都内にある金券ショップとほぼ同じ金額で購入することができるメリットもあります。

 

上記のJR路線の近くには京急線も走っているのですが、金券ショップ店舗を探すならJR駅周辺と覚えておきましょう。

 

たとえば、羽田空港から便利にアクセスできる京急鎌田駅とJR鎌田駅はほぼ同じ場所と考える方も多いのですが、歩いてみるとわかるとおりJR鎌田駅周辺の金券ショップまでは意外と距離があって徒歩で往復するには移動時間がかかることも計算に入れておかなければなりません。

 

あとは、再度金券ショップで購入することになりますので、最初に予約しておいた飛行機の時刻に間に合うかどうかの確認もしておきましょう。

 

間に合うのでしたら良いのですが、飛行機の時間にギリギリとか、間に合わないということでしたら、新しい株主優待券を入手できたその場で予約キャンセルと新しい予約をすることにしましょう。

 

何事も焦らず、冷静に失敗の回避を対処することが大切です。

 

航空株主優待券を忘れてしまったときの回避方法 その3

航空株主優待券 忘れ

 

航空株主優待で予約したチケット予約をキャンセルして、他の便、他の方法で行くことができないかを検討してみます。

 

どうせ新規で予約をするならばできるだけ安い方法から選ぶことにしましょう。

 

例として、東京〜福岡 片道 14.00時点での当日搭乗する航空券料金を考えてみました。

 

航空券は当日搭乗だから安くなるということもあるようです。

 

なにも考えずに通常料金でポンと購入するのではなく、当日搭乗券の料金を確認することが大切です。

 

たとえば、年齢によって違うということになるのですが、シニア空割、U25に該当するならばこれを選ぶことで格安となります。

 

    2019年02月01日(金)時点 ANA便 東京〜福岡  16:25 - 18:30搭乗での料金

  1. 「スマートシニア空割」(65歳以上):15.990円
  2. 「スマートU25」(12歳〜25歳まで):16.290円
  3. 「ビジネスきっぷ」:34.390円
  4. 「フレックス」:39.490円
  5. 空席予測数に連動して、運賃額が変動する運賃。

ちなみに、株主優待割引:19.890円となります。

 

    2019年03月01日(金)時点 ANA便 東京〜福岡  06:25 - 08:25搭乗での料金

  1. 「スーパーバリュー28」(希望の便を28日前までに予約):15.890円
  2. 「スーパーバリュー21」(希望の便を28日前までに予約):26.290円
  3. 「バリュー3」(搭乗日3日前までのご予約):29.090円
  4. 「バリュー1」(搭乗日1日前までのご予約):30.090円

ちなみに、株主優待割引:20.790円となります。

 

あと、どうしてもというならば、別の交通機関を使うことも考えることができます。

 

航空 株主優待券 新幹線 選択

 

新幹線で品川〜福岡を行くという選択です。

 

東京都内の大手金券ショップでの販売価格を調べてみましたら、「東海道新幹線 東京(品川)-博多 指定席回数券」 1枚の販売価格:20,930円でした(2019年02月01日(金)時点)。

 

新幹線回数券で行きますので時間的なロスもあるでしょうが、「ビジネスきっぷ」:34.390円、「フレックス」:39.490円と比較すると1万3千円くらいから1万8千円くらい安くなるようです。

 

また、株主優待割引を利用しても19.890円ですので、ほぼ同じ価格なのが嬉しいかもしれません。

 

羽田空港から品川駅までの手間、多少の時間ロスもあるでしょうが、新幹線切符を購入する目的でJR品川駅まで戻り、その駅で新幹線回数券を購入してから博多まで行くのもよく考えてみれば効率的なような気がします。

 

ちなみに、

  1. 京急線で羽田空港国内線ターミナル〜品川駅までの料金:410円時間:23分となります。
  2. 京急線で羽田空港国内線ターミナル〜川崎駅までの料金:407円時間:26分となります。

とすると、
羽田空港から品川駅までもどり、駅前の金券ショップで新幹線博多行き、もしくは航空株主優待券を購入した場合の所要時間比較を考えてみました。

 

航空機を利用した場合は、羽田空港から品川駅まで往復46分+株主優待券購入時間15分+羽田空港から福岡航空2時間5分+航空機搭乗時間のタイムリミット35分〜1時間+福岡空港から博多まで5分260円=おおよそ4時間となります。

 

新幹線を利用した場合は、羽田空港〜品川駅まで23分+品川駅〜博多駅まで4時間56分5時間19分+新幹線待ち時間となります。

 

その結果、トータルで言えば、航空機を利用するより新幹線の方が1時間半くらい余分にかかるのですが、料金の面から言えば安くなる可能性があり、しかも、乗り継ぎに要する回数は新幹線ですと1回で済みます。

 

最終的には、自分はどれを優先して選択するのかということですが、時間、料金、手間の多さのそれぞれを自分の都合から検討すれば快適な行き方を選ぶことができるのではないでしょうか。

金券ショップ 江東区 門前仲町 中央

 

金券買取 金券販売 貴金属買取
営業時間 行き方
このページの先頭へ戻る