【試して分かった】引越し費用を金券ショップのノウハウで節約!

【試して分かった】引越し費用を金券ショップのノウハウで節約!

【セール品 半額以上 激安!】Amazon激安商品!今すぐ確認!

【Amazonプライム会員の詳しくはこちら!】今すぐ確認!

【試して分かった】引越し費用を金券ショップのノウハウでお金を賢く使う!

引越し業者 一括業者見積り

 

引越し侍2

 

 

 

ちょっとの手間と工夫で、引っ越し費用をもっと安くできるのだったら、それは嬉しいことだよね。

 

万が一、金券ショップのノウハウで引越しのお金がお金を賢く使うできるのならば、そのお金を使って美味しいものを食べに行ったり、温泉が楽しめる場所に遊びにいくことだってできるからです。

 

引越し費用を金券ショップのノウハウで安くする

 

金券ショップ店長シバは何度も引っ越しを経験していのですが、そのたびに大きな出費が必要となり、あまりにお金が出ていくことばかりで泣きたくなる気持ちになりました。

 

そこで、今まで体験した金券ショップのノウハウを利用して、「引越し費用をもっと安くできなのか」をマジで考えてみました。

 

金券ショップのノウハウで引っ越しを安くするのです。

 

小さなお金のお金を賢く使うばかりの金券ショップですが、この時は引越しという大きなお金をお金を賢く使うするために頑張ったわけです。

 

もし、金券ショップのノウハウでお金をお金を賢く使うで来たら、美味しいものを食べに行ってり、温泉が楽しめる場所に遊びにいくことができるからです。

 

というわけで、「引っ越し業者の株主優待券を利用して安くする」、「郵便局で引っ越し業者の割引を利用する」、「割引券、クーポン券、株主優待券を総動員してトータルで引っ越しを安くする」、「郵便局でゆうパックを利用して引っ越しを安くする」、「郵便局のゆうパックと引っ越し業者の単身パックとの組み合わせで安くする」など、店長シバが考えることができるだけ、頭を絞ってみました。

 

引越し侍2

 

金券ショップで活用する「競合」を使います

 

引越し 費用 安くする

 

引越し費用を安くする基本は、従来からある引っ越しを安くするノウハウに、僅かに金券ショップのノウハウをプラスしたものです。

 

特に、金券ショップのノウハウの利用では、引っ越し業者との「相見積り」を利用していきます。

 

金券ショップでいうところの「競合」です。

 

たとえば、金券ショップのお店に商品券を売りにきた人がいたとします。

 

 

「商品券100枚あるのだけれど、このお店の買取価格はいくら?
買取価格が970円なら他のお店に行くけど、973円ならばこのお店でOKだよ」

 

 

当店の買取価格は970円ですけれど、当店で100枚すべての買取を任せてもらえるならば特別973円の買取でいいですよ」

 

 

「了解、でしたらこれ全部買取でお願いします」

 

と、こんな感じで、他の業者と買取金額を競い合うようにする行為が「相見積り」であり「競合」という言い方をします。

 

今回の引越しでもこの行為を利用して引越し費用を安くすることを考えます。

 

まず、第一回目の競合に相当するのが、「引越し侍」一括業者見積りサービスです。

 

インターネットを活用して複数の引越し業者を競合することで安くしていきます。

 

次の2回目の競合では、自宅に訪問して見積りをするときに引越し業者との競合をしていきます。

 

引越し業者との競合で引越し費用をどれだけ安くできるの?

 

引越し 費用 安く

 

確かに、複数の引越し業者と競合をする方法は、上手に競合をすればそれなりに引越し費用が安くなることはわかるのですが、実際どのくらい費用を安くできるのか気になるところです。

 

あくまでも店長シバの場合ですが、「引越し侍」一括業者見積りの競合と訪問見積りの競合を2回実行することで、最初の見積り金額が85000円くらいの見積りが(単身、近距離、荷物多め)、4万円ちょっとまで安くなりました。

 

 

ちょっと、ちょっと、こんなに引越し費用って安くなるの!

 

だって、引っ越し費用がおおよそ半分くらいだよ。

 

ここまでは、上手に引越し業者を「競合させることで引越し費用を安くする話」でしたが、費用を安くする話はまだ続きます。

 

「引っ越し業者の株主優待券を利用して安くする」、「郵便局で引っ越し業者の割引を利用する」、「割引券、クーポン券、株主優待券を総動員してトータルで引っ越しを安くする」、「郵便局でゆうパックを利用して引っ越しを安くする」、「郵便局のゆうパックと引っ越し業者の単身パックとの組み合わせで安くする」など、上手に金券ショップのノウハウを活用できるところは利用して引越しを安くしていきます。

 

★「引越し費用を金券ショップのノウハウで安くする」は近日公開予定。

 

やってみたら大失敗!レンタカー引っ越しとは?

 

引越し 安い レンタカー

 

以前、店長シバの引っ越しと言いますと、基本単身引っ越しでしたのでレンタカーを借りてきて作業をするという一択しか考えられませんでした。

 

なぜならば、「自分一人で引越し作業をすることでともかく費用は安くできる」と考えていたからです。

 

確かに、引越し費用だけを言うならば、机ひとつ、本棚1個くらいの荷物少なめの引越しならば安いのですが、荷物の量がおおめになったときに作業に伴う大変さ、そしてリスクまでを言うならば、ほんとうに一人で作業をするレンタカーは安いのか疑問になります。

 

店長シバの実際のレンタカー引っ越しの内訳とは

 

ここからは店長シバの単身、近距離、荷物やや多めの引越し体験のお話です。

 

まずレンタカーで引っ越しを始めるには、引っ越しの荷物の量にほぼピッタリの車両を借りなければなりません。

 

その車両を借りるための予約から始まります。

 

 

そんなものレンタカーショップへ行けばいつでも大丈夫でしょ。

 

とカンタンに思うかもしれませんが、意外とこれが大変なのですよ。

 

もし、レンタカーを借りる時期が引っ越し繁忙期ならば、誰もがレンタカー引っ越しを希望していることから、自分の引越し日にに最適な車両を借りることだけでも戦いになるからです。

 

希望する車両の予約ができても、次は「荷物を運ぶ台車の手配」、「雨の時の幌の手配」、「必要枚数の段ボールの手配」、そして「荷物を固定するためのロープ掛けの仕方を学ぶ」と、この全てを自分ひとりで手配し、準備をする必要があるからです。

 

また、レンタカーの費用は、「車両代金+クルマの保険代金+ガソリン代金+引っ越し用具代金(台車、幌、段ボール、紙テープ、養生セット、ロープ他)」が別途必要になります。

 

もちろん、「レンタカーの運転」から「荷物搬出搬入の作業」も含めて自分一人でやらなければなりません。

 

ちなみに、作業を友人に手伝ってもらったらどうなるでしょうか。

 

一般的な例となるのですが、作業が終わった後の「お疲れ様会の出費」、「個別に作業を手伝ってくれた人のお礼」などの費用がかかります。

 

そもそも、店長シバは「引っ越し業者に依頼する方が費用が高い」という先入観があったため、なかなか引っ越し業者を利用する気になりませんでしたが、8月の夏の暑さのやられてしまい、仕方なく引越し業者の利用を検討するようになりました。

 

多分、大幅に費用が高くなると思っていました。

 

だって、自分一人の引越しでの人件費は自分だけなのに、業者に引越しを頼む場合は、自分の代わりに作業をやってくれてトラックまで用意をしてもらえるので、その分費用が高くなるのは当たり前と考えていたからです。

 

というわけで、ザックリとなのですが「引っ越し業者」と「レンタカー引っ越し」の費用を比べてみることにしました。

 

店長シバの条件は「単身、荷物少な目、近距離」ですが、費用の違いを比べてみることにしました。

 

その結果ですが、「レンタカー引っ越し」の方が「引越し業者」よりおおよそ1万円弱くらい安い金額でしたが、もし「単身パック」を利用することができれば、その金額のマイナスは2〜3千円くらいのようです。

 

★えっ、「レンタカー引っ越し」と「引越し業者」との差額は2〜3千円くらいなの?

 

だったら「引越し業者」に頼んだ方が、楽できる良いに決まっているじゃない

 

レンタカー引っ越しの相違 引っ越し業者の相場 単身パックの相場
おおよそ1.2万円 おおよそ2万円 おおよそ1.5万円

(※単身引っ越しの荷物の量と距離で違いあり)

 

さらに言わせてもらえれば、引越し業者の費用をもっと安くする方法もあるそうです。

 

  • 「単身パックを利用する」
  • 「安い時期を選んで引越しをする」
  • 「作業の開始時間を指定しない」
  • 「不用品を処分でお金にする」
  • 「訪問見積もり時に値引き交渉をする」
  • 「ダンボールを自分で調達する」
  • 「お得なキャンペーンをもらう」

 

上記のように上手に引越し業者を活用することで、自分ひとりのレンタカー引越しに負けないくらい安い引越し費用が実現できるようです。

 

★「引越し費用を金券ショップのノウハウで安くする」は近日公開予定。

 

店長シバの実際のレンタカー引越しの体験談とは

 

レンタカー引っ越し マツダトラック

 

店長シバは、マツダのトラック平ボディタイプというトラック(最大積載量800kg)を借りることを希望しました。

 

このタイプのトラックですと普通免許で運転できることと、リアタイヤが小径ダブルタイヤになっていることから荷物の積み下ろしが楽になることと、荷台部分のタイヤの出っ張りがないことで効率よく荷物を積み込める特徴があるトラックだからです。

 

ただ、普段普通車しか運転したことのない人には、運転席が高くなること、バックミラーの見え方も違ってくることで慣れるまで多少時間がかかるという心配があります。

 

作業では、自分一人を想定すると、大きいベット、冷蔵庫、大きめの棚、などを積むときが厄介となりますが、荷台サイズ的には小さい荷物の積み込みには問題ないと思います。

 

このトラックサイズですと、単身向けで一般的な荷物の量ならばほぼ問題はないと思います。

 

さてレンタカートラックの料金に関してですが、引越しの時期、繁忙期、閑散期のように時期の違いで料金が料金が違うことと、時間制での計算が一般的です。

 

他にも、車両・対物事故免責額補償制度(CDW)が加算され、1,100円/日くらいです。
※トラッククラスはシーズンによる料金の変動はあり

 

引っ越し作業での利用を考えた場合、荷物の量と距離にもよるのですが、12時間でレンタルカーを返却することになると、本体7,700円+保険1,100円/日+ガソリン代金+高速代金+段ボール代金+幌・台車代金=おおよそ1.2万円くらいが必要になるようです。

 

レンタカーの時間制料金
シーズン:通常期
3時間まで 6時間まで 12時間まで 24時間まで
4,950円 6,050円 7,700円 9,350円

参照:ニッポンレンタカー調べ 2022/7現在

 

引越し業者一括無料見積もりを試すのはカンタン?

 

「引越し侍」一括業者見積りサービス

 

実際に、「引越し侍」一括業者見積りサービスを試してみたのですが、業者を使うのはとてもカンタンでした。

 

複数の引越し業者へ見積り依頼をインターネットですればそれでほとんど完了だからです。

 

店長シバがやることは、「希望日を選び」、「現住所の郵便番号を選び」、「引越し先の都道府県」、「引越しタイプを選ぶ(単身、家族)」にチェックを入れます。

 

あとは、「引越し日」、「時間指定(午前、午後、いつでもよい)」、「引越し人数」と、「現住所の詳しい内容と引越し先の詳しい内容」、「荷物の数と種類にチェック」をすればその場で、「自分の引越しに合う業者」と「業者の見積り料金の提示」があるというカンタンさでした。

 

ちなみに、荷物の種類の入力では、「テーブル少×1」、「椅子×2」のような感じでイラストを見ながら記入をしていきます。

 

店長シバはここまでの入力作業に僅か5分くらいでした。

 

通常ですと、引越し業者から提示された見積り金額がOKならばそこで契約完了となるのですが、店長シバはもっと引越しを安くしたいという要望がありましたので、この後の訪問見積りで競合をする準備を始めました。

 

同時に、引越しタイプを少しでも小さくにするために、いらないものの廃棄をしていきました。

 

なぜならば、少しでも引越しの規模を小さくできるのならば、その分引越し料金が安くなることがあるからです。

 

★「引越し費用を金券ショップのノウハウで安くする」は近日公開予定。

 

引越し費用を金券ショップのノウハウで安くするまとめ

     

  • 店長シバは、5千円くらいの差ならば、作業の大変さ、トラブルのリスクを考えて引っ越し業者を選ぶのですが、どうしても費用をお金を賢く使うしたいという人ならば、どちらの方法も料金シュミレーションを試して比較をしてからにしましょう。
  •  

  • 「レンタカー引越し」ではレンタカー料金表から自分の引っ越し内容をシュミレーションしていき、「引っ越し業者」では「引越し侍」一括業者見積りから同時にシュミレーションすることで比較をしていきます。
  •  

  • 肝心なことは料金のことばかりではなく、「どちらの方法のメリット、デメリット」と、「自分の引越し方法との相性」で決めることが大事です。

 

引越し侍2

 

金券ショップ 足あとイラスト

【セール品 半額以上 激安!】Amazon激安商品!今すぐ確認!

【Amazonプライム会員の詳しくはこちら!】今すぐ確認!