令和2年度 ANA JAL株主優待券の相場推移

 

令和2年度 ANA JAL株主優待券の相場推移 ANA JAL 航空 株主優待券

 

令和2年度 ANA JAL株主優待券の相場推移

平成31年度 ANA株主 JAL株主優待券 イラスト
令和2年度もANA JAL株主優待券の相場の推移をチェックしていく予定です。

 

令和1年末頃のANA JAL株主優待券の相場推移は、ANA株主優待券11月末までの券の買取が2500円、JAL株主優待券11月末までの券の買取が3500円と例年にないくらい安い買取価格で推移して終わりました。

 

令和1年末に令和2年のANA JAL株主優待券の相場推移を店長シバが予想したのが「令和2年1月末頃の相場を見てから売る」という予想でした。

 

令和2年1月末月までのANA JAL株主優待券の相場推移を見るとまさにその通りとなってしまったわけですが、その理由は「金券ショップの在庫が少なくなってきた」ことにありました。

 

金券ショップでは、「在庫が少なくなれば買取相場が上がり、在庫が多くなれば買取相場が下がる」と、こんな感じで相場が動くこともあるからです。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/5/13現在)

 

全日本空輸ANAホールディングスANAと日本航空JALは、新型コロナウイルス影響のためともに株主優待券の有効期限を11月30日まで延長となった。
延長の対象になった株主優待券は5月31日までの券で、11月30日まで有効期限が延長した。
全日本空輸ANAホールディングスANA:参照
日本航空JAL:参照

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移となりますが、新型コロナウィルス感染の理由から、全日本空輸ANAホールディングスANAと日本航空JALは、株主優待券の有効期限を5月31日までの券のみ11月30日まで半年間延長としました。

 

この措置による意味は、5月31日までの券と11月30日までの券は同じ有効期限となることから、金券ショップでの買取・販売ともに同じ相場で動くという理屈になります。

 

なんにしても金券ショップ側としてはひとまずホッといった感じかもしれません。

 

この新型コロナウィルス感染の騒動で株主優待券、新幹線などの公共交通機関の販売がピンチになっていたからです。

 

飛行機も新幹線も外出自粛要請で県外に移動することすら自粛され、仕事もリモートワークで在宅勤務となれば交通機関のチケットを利用することはほぼ全滅に近いからです。

 

しかも交通機関系の切符には有効期限があることも追い打ちをかけています。

 

当店の例で言いますと、おおよそ5月下旬頃から6月上旬頃に有効期限ラッシュの第一波が来ます。

 

これを上手に乗り越えたとしても、自粛要請が続く限り、第2波、第3波も考えられます。

 

これからのANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移ですが、新型コロナウィルス感染の収束次第となり、経済が元通りになるのに時間がかかるのではないかと予想できますので、これを考慮して考える必要があります。。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/4/1現在)

ANA JAL株主優待券の相場推移ですが、「時間を追うごとに相場が崩れてきた」という感じかもしれません。

 

もちろん、その原因は新型コロナウイルスで感染者数が増えていることから外出を控える=金券ショップにも来店しない、もしくは、在宅待機となっているためそもそも来店ができないということのようです。

 

今日2020.4.1の発表の最新ニュースとなるのですが、「速報で韓国の新型コロナ感染者 101人増え計9887人=死者165人」、「NY州の新型コロナ感染死者1500人超える」、「JAL・ANAもCAさんも6000人以上が一時帰休」などと恐ろしいニュースが街に溢れています。

 

当店は、この新型コロナウイルス感染防止策ということで、「来店されるお客様に感染があっては一大事」とかなり早い段階から感染防止の対策に取り組んでいます。

 

いわば、当店の新型コロナウイルス対策は、間違いなく他のお店よりワンランク上ということです。

金券ショップ門前仲町店での新型コロナウイルス感染防止策の詳しくはこちら?

 

早速ですが、ANA JAL 航空 株主優待券の相場の推移です。

 

先も話した通り、ANA JAL 航空 株主優待券の相場は崩れ、右肩下がりの状態が続いています。

 

金券ショップ店頭では、ANA JAL 航空 株主優待券を購入目的で来店される方が激減しているのがその理由です。

 

今まで数十人の購入者が来店されたのが、今では一人、もしくは0人というわけです。

 

当然となりますが、お客様が来店されなければ、金券ショップでの買取価格、販売価格はさがるということになります。

 

これからの相場の展開となりますが、新型コロナウイルス感染がこのままの状態で継続するならば、間違いなく今の相場が右肩上がりになることはなく、次回発行が予定されているANA JAL 航空 株主優待券に関しても買取価格すら想定することができない状態かもしれません。

 

ですので、これから相場が右肩上がりになることを予想して、ANA JAL 航空 株主優待券をホールドしているならば、値が付くうちに一刻も早く売却されることをおススメいたします。

 

早く新型コロナウイルスの感染が終息することを心から祈ります。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/2/18現在)

ANA JAL株主優待券の相場推移ですが、このところ下げていた相場展開でしたが、ここへきてANA JAL 航空 株主優待券ともに買取価格が500円くらい上げてきました。

 

下げの理由は、金券ショップでの在庫の減少、新型コロナウイルス感染の影響などなど、ということでしたが、これにウイルス感染が重なったため必要以上に買取相場の下げに大きく反応をしてしまったというところかもしれません。

 

今後は、新型コロナウイルス感染の終息に伴っての相場ということになるでしょうが、ANA JAL株主優待券の5月末有効期限の券に関しては、たとえ終息に向かったとしても出番が少なくなることから、やはり早めの売却をおススメいたします。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/2/4現在)

ANA JAL株主優待券の相場推移ですが、多少の上昇があった後下げに転じました。

 

ここでのANA JAL 航空 株主優待券の下落は一時的なものではなく、あくまでも予想となりますがこのまま下げていくのではないかと思っています。

 

その理由は、ANA JAL 航空 株主優待券5月末有効期限の券は、これから先ビジネス以外に利用することが少なくなるからです。

 

他にも、新橋界隈で金券ショップをしています大手金券ショップの店長にも話を聞いたのですが、どうやら新型コロナウイルス感染の影響も少なからずあるようです。

 

今回の新型コロナウイルス感染騒ぎは金券ショップのとっても大きな影響を及ぼしているようです。

 

つまり、下落がこのまま続くことにより売却は値下がり、販売価格も多少下がるということです。

 

この時期、ANA JAL 航空 株主優待券の在庫を現在も保有しているのでしたら売却をしてしまいましょう。

 

ANA JAL 航空 株主優待券の購入を検討されている方は、有効期限が5月末となりますので、先行で多少でも多めに購入しておくことが良い選択となるのではないかと予想しています。

 

あくまでも、ANA JAL 航空 株主優待券の相場の推移は推測ですので、あとはご自分の判断で売却、購入をしていただくことをお勧めいたします。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/1/24現在)

ANA JAL株主優待券の相場推移ですが、前回から買取販売ともに価格が上昇しているようです。

 

令和2年1月24日のANA JAL株主優待券の相場推移は、ANA株主優待券11月末までの買取が3600円くらい、JAL株主優待券11月末までの買取が4200円くらいに上昇しているようです。

 

どうして価格が上昇しているのかを新宿大手金券ショップの店長と話したのですが、どのお店でもANA JAL株主優待券の在庫が少なくなっているのがその理由だそうです。

 

確かに、お店の在庫が少なくなれば買取価格はそれに伴って上昇するのか金券ショップでの値付けの仕方です。

 

どの金券ショップでも在庫が少なくなっているということは、例年より安い販売価格ですと多くの方が複数枚を同時購入されるとうことになり、それが理由でさらに金券ショップの在庫減少になったのではないでしょうか。

 

店長シバの予想では、金券ショップでの在庫が少ないこと、などの理由からもう少しANA JAL株主優待券相場が上昇すると予想しています。

 

ANA JAL株主優待券の購入を予定している方は、できるだけ早く金券ショップで購入をしておくことをおススメいたします。

 

ANA JAL 航空 株主優待券 買取相場の推移(2020/1/7現在)

ANA JAL株主優待券の相場推移ですが、令和1年度年末頃では、ANA株主優待券11月末までの買取が2500円、JAL株主優待券11月末までの買取が3500円と今までにない低い金額で推移していましたが、令和2年1月7日頃ではANA株主優待券11月末までの買取が3200円、JAL株主優待券11月末までの買取が4000円とそれぞれ高くなってきています。

 

高くなった相場の推移は、「昨日(2020/1/6)まで安い相場が続いていたが新年を迎えて急に新しい相場展開が始まった」という感じでしょうか。

 

今まで続いた低い買取金額の理由はいろいろあるのですが、金券ショップとしては販売数が細ったため買取を下げなければならなかった、ということでしょうか。

 

当金券ショップ門前仲町でも販売数は細っていました。

 

たまに数十枚をまとめて購入される法人さんが来店されるくらいで、あとは個人のお客様がパラパラと買いに来る程度でした。

 

金券ショップとしては、販売数が少ないならば買取数で調整するわけですが、その買取価格にどうしても納得ができないお客様には「令和2年1月末頃の相場の様子をみてから売るを考えてみれば」と店長シバは買取予想のアドバイスをしていました。

 

その理由は、新幹線回数券と同様に年末年始をはさんで仕事をする人が買いにこないことから買取価格が下がると考えたからです。

 

正直言いますと、予想を外したら怒られるかもしれないというアドバイス(汗)だったのかもしれませんが、アドバイスした通りに相場が高くなってきたわけですので店長シバはひとまずホッとした気持ちです。

 

これからの相場展開は、新年を迎えて仕事をする人の利用が高まることからANA JAL株主優待券の相場推移は2020年1月末頃にはもう少し高くなるのではないかと店長シバは予想しています。

 

というわけで、今年もよろしくお願いいたします。

 

    ANAJAL株主優待券の売買まとめ

  1. また、金券ショップでの売買に関しては、令和1年年末のANA買取価格2500円、JAL買取価格3500円ということを考えれば、売りに関してはしては令和2年1月末ころにとりあえず売っておく、購入に関してはこれからの販売価格の上昇を考えて先行で早く購入しておくことが良い選択かと思います。

令和1年 ANA JAL株主買取 販売相場の推移≫

 

このページの先頭へ戻る